日野原重明は現在の食事は夜のみ!?家族や息子さんについても!

 

現在103歳で現役の慰謝でもある日野原重明さんが元気なのは常に新しいことに挑戦しているからだと話す。

100歳を過ぎてからはソフトボールにゴルフ、さらにアメリカに行きヘリコプターに乗ったなどアクティブに行動しています。

 

年を取ると普通は寝たきりになったり、家の周りを散歩するくらいになる人が多いので、めずらしいですね。

この元気さが現役で医者を続けている秘訣かもしれません。

病気を患った

昨年、心臓の病気になった。

血中に大腸菌があり入院、その後の検査出で、大動脈狭窄症が発見された。

高齢のため手術は難しく、体への負担を軽くするために車椅子のみで現在は移動しているようですね。

 

現在の食事

数年前から朝食はコーヒー、ジュース、ミルク、オリーブ油。

昼食はミルクとクッキー2個。

夕食は茶碗半分ほどのご飯とたっぷりの野菜それに肉や魚などのようです。

年を取るとあまり食べなくても良くなるんですかね?

 

徹子の部屋に出演

5月15日にテレビ「徹子の部屋」に出演します。

【徹子の部屋のコメント】

現在103歳、聖路加国際病院 名誉院長の日野原重明さんを迎える。長生きの秘訣は、新しいことに挑戦すること。100歳を過ぎてからソフトボールにゴルフ、さらにはアメリカで念願のヘリコプターに乗ったエピソードも披露する。そんな日野原さんだが、2年前に最愛の妻を93歳で亡くしたばかり。「自分だけ生きているのが申し訳ない…」と黒柳に明かすその胸中は。

※http://www.tv-asahi.co.jp/tetsuko/guest/0005/index.html

コメントを残す

このページの先頭へ