藤井聡太の学校生活と父親が単身赴任でいない職業はlixilかinaxの営業?

現在、藤井聡太四段が朝日杯将棋オープン戦一次予選で藤岡隼太アマに勝利し27連勝!

2016年12月にデビューしていらい一度も負けたことがない藤井聡太四段はどこまで勝ち続けるのか!?

次の6月26日に王将一次予選で澤田真吾六段に勝てば歴だ最多タイとなる28連勝となります。

楽しみですね!

 

藤井聡太四段は将棋ばかりに目がいきますがまともな中学校生活を送れているのでしょうか

さらに父親が単身赴任でいないとのこと

将棋は誰から教わったのでしょうか?

藤井聡太四段の中学校生活

藤井聡太四段は現在、名古屋大学教育学部附属中学校に通っています。

ここの中学校の偏差値は65!

全国624校のうちの116位の中学校。

 

レベルの高い中学校に通っているのに将棋の対局で学校を休んでいて大丈夫なのか?

という人がたくさんいますが、

すでにプロになっているので普通の中学生と同じに考えるのはおかしいですね。

しかし、大学までの一貫校なので、高校まではエスカレーター方式で自動的に進学できる模様。

とくに休みが多くても問題ないのかもしれない。

 

中学生活はどういったものになるのでしょうか?

一人だけ将棋のプロで他は普通の生徒ばかり。

アニメ・3月のライオンのように学校もあまり行けないので、一人ぽつんとしているのでしょうか。

スポンサーリンク

父親の職業はlixilかinaxのサラリーマン

藤井聡太四段の父親も将棋を指すのかと思っていましたが、

普通に会社勤めをしているサラリーマン。

勤務先は大手住宅設備機器会社

ということでlixilかinaxではないかと言われていますが不明。

そして単身赴任することもあり家にいないこともあるらしい。

母親は専業主婦をしており趣味がバイオリン。

将棋とはかけ離れています。

将棋は誰から教わったのか?

両親ともに将棋とは無縁の世界に生きている人らしく、

いったい誰から将棋を教わったのかというと

なんと祖母がきっかけ!

 

5歳の夏に祖母の育子さんから盤駒のセットをプレゼントしてもらったことがきっかけのようだ。

最初は一緒に将棋を指していたようですが、すぐにかなわなくなり

今度は少し将棋が指せるおじさんに変わったがすぐに追い抜いてしまった。

そして近所にある将棋教室で現在の師匠・杉本昌隆七段と出会った。

藤井聡太四段が使っている扇子

藤井聡太四段が使っている扇子が即効で売り切れ状態になっている模様!

⇒扇子の詳細はこちら

扇子には大きく「大志」と書かれている。

将棋の才能

将棋でプロになるには東大に入るよりも難しいとされていますが

わずか14歳でプロになった藤井聡太四段は転載ですね!

師匠の杉本七段も藤井四段の才能をみとめていて、

一般に教える技術的なことはあまり言わないように話していた。

一般に知れ渡った技術的なアドバイスがないおかげで勝てるのかもしれない。

これからの快進撃が楽しみです!

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ