渋谷駅東口で鉄骨落下!ケガ人や原因や駅の利用に影響ある?

6月18日 4時45分頃 渋谷駅東口の工事現場で鉄骨が崩れた!

この事故でケガ人はいないとのこと。

再開発事業の工事現場だったことで、駅の利用には影響ないとのことです。

落下した原因

足場に使っていた大型の鉄骨1本が落下してしまい、

工事現場と歩道を区切るフェンスの上に落ちた。

そのとき、足場の解体作業中だったということ。

詳しい原因は調査中とのことです。

鉄骨の威力が凄まじい

渋谷駅東口で鉄骨落下 再開発工事エリア


足場の鉄骨というから家のリフォームする時に組む鉄骨の大きさだと思っていましたが全然違う!

鉄骨がデカイ!

長さが20~30mくらいありそうだ。

近くには幅1m~高さ2mの鉄板も落下していたとのこと。

 

工事用のフェンスがなかったら大惨事になっていた模様!

通行人がめっちゃ見てますw

 

目撃者によると鉄骨が崩れた時は火花が見えていたようだ。

そして煙も出ていたようですがすぐにおさまったみたいです。

 

事故直後はヘリも飛んできて現場を確認していたみたい。

でもケガ人がでなくて本当に良かったです。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ