朝ドラひよっこ73話の感想・ネタバレ父親が事件に巻き込まれていた

朝ドラひよっこ73話

妹・ちよ子が中学生になる

奥茨城にいる妹のちよ子が中学生になり、

みね子のお下がりの制服を着て喜んでいました。

みね子からは新品のカバンをプレゼントされこれから

始まる中学校生活に胸を躍らせる姿が可愛かったですね。

元警察官がみね子に父親の目撃情報

ある日、開店前か、中休み中のすずなり亭に元警察官で

みね子の父親を探していた男が訪ねてきた。

元警察官はみね子の父親の情報を元同僚から仕入れていたらしく、

あらたに新情報が入ったことで、いそいでみね子のもとへ駆けつけた。

 

赤坂である男が窃盗で捕まった。

窃盗で捕まった男は、季節労働者らしき男から金を奪ったという。

金を奪う際にもみ合いになり近くにあった棒で頭を殴った。

その季節労働者がみね子の父親だったと告げる。

 

季節労働で稼いだお金を抱えて帰る途中だったのだろう。

ひったくりにカバンを盗まれて、取り返そうと足にしがみつくみね子の父。

父「やめてください。それは大切なお金なんです。家族が待ってるんです。やめてください。やめてくさい。」

ひったくりは近くにあった棒で頭を殴り、みね子の父は気絶。

ひったくりは怖くなって、戻ってきた。

しかし、そこにはみね子の父の姿はなかったそうだ。

そして現在も行方不明となっている。

感想・予想

みね子の父親が季節労働にいったまま、

行方をくらませたのは逃げたわけじゃなく事件に巻き込まれていたからなんですね。

殴られたあと、姿がなくなっていたということは誰かに救助されたと思いますが、

それなら怪我が治ったら連絡すると思うが...。

おそらく殴られたショックで記憶喪失になってしまったと予想しますね。

記憶喪失になったのなら連絡もできないですからね。

いまも赤坂のどこかにいるかもしれない!

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ