現在は短大のの客員教授として活躍されている菊池桃子さん。

アイドル時代の可愛らしい雰囲気がそのまま残っていますね。

2人の子供を育てられ、長男はすでに成人しており

今では日本酒を飲み交わす仲だという。

長女は現在高校生になっていて、化粧をし始めたと話しています。

そんな長女ですが赤ちゃんの時に脳梗塞が原因で左半身に麻痺が残っている。


⇒菊池桃子の子育てや客員教授になるまでの詳細はこちら

一般的なタレント本とは違います。

菊池桃子の長女が半身不随となった。

菊池桃子さんの長女が赤ちゃんの時に脳梗塞が発症。

それが原因で左手足に麻痺が残ってしまった。

 

赤ちゃんの時に脳梗塞を発症するのは10万人に数人程度

とても低い確率ですが怖いですね。

 

菊池桃子さんの長女は脳梗塞になり、手足に麻痺が残りましたが

現在はリハビリのおかげで歩いたりすることはできるようです。

 

高校生になったいまでは、キーボードも叩けるようになっていますし

母・菊池桃子さんの代わりにスープやパスタなど料理もしてくれるようです。

 

普通に生活する分には問題ないまでに回復しているのでよかったですね。