八千草薫の若い頃に起きた出来事や普段の生活【徹子の部屋】

 

5月18日のテレビ「徹子の部屋」に八千草薫さんが出演しますね。

八千草薫さんが徹子の部屋に出演するのは今回で7回目!

結構多いです!

 

そんな八千草薫について調べてみました。

八千草薫さんは幼少期に父を亡くし、母によって育てられたようです。

その後、宝塚歌劇団に入団。

芸能の世界に入ろうと思ったきっかけは、思春期を迎える時期が戦時中で、自宅も焼け、焼け野原となった街の様子などを見て、華やかな世界に憧れたからだという。

 

戦後はやはり食べ物がなかったようで、何気ない発言が周囲の顰蹙(ひんしゅく)を買ったという。

東京公演で銀座を訪れた際「お寿司がたべたいわぁ~」と言っただけでも顰蹙をかった。

戦後の日本は本当に食べ物がなかったんですね。

いまは、「お寿司が食べたい」とか普通に子供でも行っているから幸せな時代なような気がします。

 

八千草薫さんの若い頃の写真はこちら

 

かわいいですね☆

当時の「お嫁さんにしたい有名人」の統計でたびたび首位を獲得したのだとか!

 

5月18日に徹子の部屋に出演!

徹子の部屋では大好きな犬についてや日常的なことを話してくれます。

八千草薫さんと仲代達矢さんが一緒に出演

夫婦を演じて…若き日のお宝映像に

先週に続き、今週も豪華なゲスト陣が番組10000回カウントダウンを飾る。大女優でありながら清楚な美しさを誇る八千草薫さん、80歳を越えても現役の舞台人として輝き続ける仲代達矢さんを迎える。夫婦役など共演回数も大変に多く、私生活では同じ年に結婚をした2人。過去の懐かしい映像が流れると、互いの知られざる素顔に新鮮な驚きを…。

http://www.tv-asahi.co.jp/tetsuko/guest/0001/index.html


コメントを残す

このページの先頭へ