関根勤さんをテレビで見ない日はないというくらい、いろんな番組に多数出演していますね。

大御所の方から若手芸人にまで、ノリを合わせて絡んでいけるのはすごいです。

 

最近のマイブームは小堺一機さんの耳元で、しょうもないギャグをいうというもの。

小堺さんが爆笑してビザをおったときに勝ったと思うらしい。

その前に、小堺さん以外はだれもギャグを聞いてくれないというちょっと悲しい事実もある。

愛妻家

関根勤さんは愛妻家として知られていますが、その思いは一方的なものだ。

自身で「女房に片思い」や「永遠の片思い」といっていますね。

でも奥さんの気持ちが、すでに冷めている。

 

まぁ長年一緒に居れば冷めるのも普通かなと思いますが、関根勤さんはまだ気持ちがホットなようです。

関根勤さんが結婚した理由は「父親になりたかったから」と語る。

左手の指輪については「これは、何があっても家族を守るという覚悟の印なんです。」とタモリさんに語ったという話もある。

 

一人娘・麻里さんについて

関根勤さんは娘・麻里さんも溺愛しています。

麻里さんが結婚したときは、いっさい反対せず「2人で自由にやってください」といい結婚に対する条件等は一切出さなかったという。

 

麻里さんの夫は韓国人歌手です。

おっちょこちょいなところもあり、結婚式当日には指輪を忘れて結婚式場に来てしまい一度取りに戻ったのだとか!

 

関根勤さんが麻里さんの結納話などを明かす。

5月20日の徹子の部屋に出演し、娘・麻里さんの結納話や愛妻と出会ったきっかけなどを語ってくれます。

40年前…番組開始時のモノマネ映像

間もなく10000回を迎える「徹子の部屋」には、“影の最多出演者”が・・・。

それは当時まだ大学生だった関根勤さんで、出演回数は約300回!

番組開始当初に存在していたクイズコーナーでアシスタントをしながら、モノマネに挑戦していた40年前の秘蔵映像を大公開。

また今日は愛妻との出会いや一人娘の結婚話を明かし家庭人としての素顔も垣間見せる。

http://www.tv-asahi.co.jp/tetsuko/guest/0003/index.html