湊かなえは結婚してるのか?子供はいる?家族情報!

湊かなえさんは小説家として活動していますが、メディアなどテレビにも多数出演していますね。

小説活動は家族が寝てから

昼間は主婦として家のことをやり、小説活動は家族が寝静まったあとにやっているというのを何年か前に話していました。

夫や子供についての詳しい情報は見つかりませんでしたが、子供はいるようですね。

 

主婦上の方は手を抜いているみたいですが、小説のためと夫は理解している。

そのことについては感謝していると語る。

 

小説の内容は取材などは一切せす、すべて想像で書いているようです。

想像で、小説をかけるとはすごいですね。

スポンサーリンク
 

湊かなえのおすすめ小説

【絶唱】

悲しみしかないと思っていた。でも死は悲しむべきものじゃない。

 

【物語のおわり】

短編小説です。

 

【高校入試】

県内有数の進学校・橘第一高校の入試前日。

新任教師・春山杏子は教室の黒板に「入試をぶっつぶす!」と書かれた貼り紙を見つける。

そして迎えた入試当日。

 

【母性】

「これが書けたら、小説家をやめてもいい。

そう思いながら書いた小説です。」

 

【山女日記】

このまま結婚していいのだろうか...

その答えを出すため「妙高山」で初めての登山をする百貨店勤めの律子。

一緒に登る同僚の由美は仲人でもある部長と不倫中だった。

 

【白ゆき姫殺人事件】

化粧品会社の美人社員が黒こげの遺体で発見された。

ひょんなことから事件の糸口を掴んだ週刊誌のフリー記者。

 

【少女】

親友の自殺を目撃したことがあるという転校生の告白を、ある種の自慢のように感じた由紀は、自分なら死体ではなく、人が死ぬ瞬間を見てみたいと思った。

 

【告白】

我が子を校内で亡くした女性教師が、終業式のHRで犯人である少年を指し示す。

 

ミステリー系の作品が多く、読んでいるとその世界に引き込まれていきます。

コメントを残す

このページの先頭へ