本郷奏多が「アカギ」で赤木しげるを演じる!人気漫画がドラマ化

 

7月17日から放送されるドラマ「アカギ」で主人公・赤木しげるを本郷奏多さんが演じるようですね!

ドラマのもととなった漫画「アカギ~闇に降り立った天才~」は単行本が29巻、闘牌の解説本なども登場しています。

さらにVシネマやアニメ、ゲームにもなっている。

主な解説

巨額の富を持ちながら老いにおびえる陰のフィクサー鷲巣が、全財産と引き換えに、若者を対戦相手に生き血を賭けさせる「鷲巣麻雀」を考案。

同種牌4牌のうち3牌まではガラス製のため全員に牌が何なのかが見えるなど特殊ルールが話題となり、この麻雀牌まで商品化された。

ドラマでは、若者たちが次々と犠牲になった恐ろしいルールのもと、負け知らずの天才・赤木と鷲巣の死闘や駆け引きを描く。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150609-00000004-spnannex-ent

 

出演者のコメント

本郷奏多さんは麻雀を学生時代からやっているようで、オファーがくる前から原作を読んでいた。

「原作ファンとしてアカギのイメージを共有できていると思うので、楽しみながら演じたい」

と語っている。

 

鷲巣巌を演じる津川雅彦さんは麻雀の魅力についてこう語る。

「くだらないことを言い合いながら仲間とやるのが面白いんだよね」

「(鷲巣の)魂を演じれば独特の鷲巣ができると思う。映像でしか見せられないアカギにしたい」

と意気込みを語っています。

コメントを残す

このページの先頭へ