本田望結スケートのジャンプを指導!父親の仕事は医者じゃない。

本田望結スケートのジャンプを指導!父親の仕事は医者じゃない。

l161UifH

※https://twitter.com/tanmen_z

本田望結さんは11歳にしながらりっぱに女優業をこなしていますね。

バラエティやCMにも多数出演しているので、

本田望結さんを見ない日はありません。


スポンサーリンク



フィギュア界の皇帝プルシェンコにジャンプを指導してもらう。

9月19日に出演した炎の体育会TVで、

あのフィギュア界の皇帝プルシェンコから本気のレッスンを受けていました!

 

的確なアドバイスと厳しい言葉は、

フィギュア界の厳しさを教えているようでした。

 

プルシェンコが重点的に教えていたのはジャンプ。

 

プルシェンコが4回転、3回転と連続して飛べるのは、

着地するときには回りながら着地し、

次のジャンプに備えているからだと語る。

 

このジャンプの飛び方を覚えるためには、

滑っている間に片足で、

ジャンプする練習をしなくてはならない。

 

さらにジャンプの着地の時に、

音がするとバランスが取れていない証拠だとして、

音がほとんど聞こえなくなるまで練習する必要がある。

 

本田望結さんもこの練習を幾度となく繰り返していました。

テレビだとすぐに終わっていましたが、

相当長い時間練習していたと思います。

 

そして、ジャンプして回転後に着地するときは、

軸足を伸ばさずに回りながら着地する必要がある。

 

足を伸ばして着地すると、

回転が止まり着地後もすぐに滑り出すことが

できないと話しています。

 

たしかに、プルシェンコさんのジャンプは、

着地後も流れるように着地しています。

 

本田望結さんもこの練習が一番大変で、

幾度となく転んでいましたが、

最終的にはできるようになっていた。

 

それにしても、驚いたのは1日のうちに

回転ジャンプを覚えさせられるだけの指導力です。

さすが、皇帝とだけ呼ばれることだけありますね。

 

動画はこちら

予告動画ですが、一部写っています。

本田望結の父親の仕事

本田望結さんの父親がどんな仕事をしているのか、

気になっている人が多いと思います。

 

本田望結さんの兄弟はみんなフィギュアスケートをやっているので、

お金持ちなんじゃないかという噂もありますね。

 

フィギュアスケートでプロにまで育てると

1人、約2億円が必要となります。

 

そのためか、本田望結さんの父親は

医者なんじゃないかと噂されていますが

実は普通のサラリーマンです。

 

でも兄弟3人にフィギュアスケートを

やらせられるだけの給料をもらうとすると、

相当上の役職についているかもしれませんね。

コメントを残す

このページの先頭へ