高島彩が子供への思いを本で語る。父や兄など俳優家族だった。

高島彩が子供への思いを本で語る。父や兄など俳優家族だった。

g2008102001ayapan_b

※http://www.zakzak.co.jp/gei/200810/g2008102001.htm…

フリーアナウンサーの高島彩さんが出産してから芸能活動を控えていましたが、現在は子育てに奮闘中だという。

子供の出産と告白本

高島彩さんは2014年2月に女の子を出産して無事に育っていますが、過去に死産を経験しています。

結婚から半年後に妊娠4ヶ月だということがわかった、マスコミに公表しようとしていた矢先、検診でお腹の中の赤ちゃんが亡くなっていることがわかった。

「子宮内胎児死亡」

原因は染色体の以上によるものらしい。

 

ほかにも、仕事の量を減らさなかったことが原因だと語る。

体を大事にしようと思っていたが海外取材などを引受、いつもどおりに仕事をした結果こうなってしまった。

「いつのまにかついた、おなかをなでる癖。『もうここにはいないんだ』と気付いては泣き、目が覚めて、あの子が死んでしまったことが現実だと分かると泣いて……。

あの時期は、今まで生きてきて、こんなに泣いたことはないくらい泣き続けていました」

http://news.livedoor.com/article/detail/8877359/

そして1年が過ぎた頃に2度目の妊娠、しかし、すんなりと出産にまで行けたわけではなく数々の危機を乗り越えて2014年2月に無事出産できた。

こうして生まれてきた子供なので、相当可愛がっています。

夫の北川悠仁さんも喜んでいた。

 ⇒高島彩の出産の詳細はこちら

高島彩の家族は俳優一家

父・竜崎勝さんは高島彩さんが5歳の頃に亡くなってしまい、父の記憶がほとんどないという。

しかし、父の同期に地井武男さん、小野武彦さん、村井国夫さんがおり、村井さんは高島彩さんがフジテレビアナウンサーとして入社したときは、涙を浮かべて喜んだと話しています。

 

兄・高島郷さんも俳優をやっていたが、現在はメガネ屋で定員をしています。

テレビで見る印象とは違い、辛い過去を経験してここまでやってきた人だというのがわかりますね。

 

これからも頑張ってください。

コメントを残す

このページの先頭へ