松坂慶子は旦那や娘の協力によりべトナムの合作映画から復帰!

松坂慶子さんは母親の介護のため、仕事を抑えてきましたが、

旦那や娘の協力もあり、

べトナムとの合作映画「ベトナムの風に吹かれて」を気に再び女優業に専念する。

松坂慶子の旦那と娘について

松坂慶子さんの旦那はジャズギタリストの高内春彦さんです。

20代の頃に渡米し、ニューヨークを拠点に活動していて、現在もコンサートを開いているようですね。

ギターや作曲のレッスンもしていて、アメリカや日本をはじめ数カ国で指導しています。

 

2人の娘・百音(もね)さんと麻莉彩(まりさ)さんは、中学生の時いに芸能界デビューをしています。

百音さん15歳、麻莉彩さん13歳のときに、NHKの英語テレビ講座に出演。

 

しかし、その後は芸能活動はしていないようで、現在はハワイの大学で美術を学んでいるという

アーティストの道へいくのでしょうか?

 

ベトナムの風に吹かれて

松坂慶子さんが出演する映画「ベトナムの風に吹かれて」は、ベトナムの首都ハノイに暮らす日本人女性・小松みゆきが、80歳を過ぎた認知症の母親と共におくる現地での生活をつづった物語です。

 

松坂慶子×大森一樹監督×ベトナム!映画『ベトナムの風に吹かれて』予告編

徹子の部屋に出演

10月15日に放送される徹子の部屋に松坂慶子さんが出演します。

ベトナムとの合作映画や母の介護や夫婦円満の秘訣を語ります。

結婚24年…夫婦で96歳母の介護を

ダイエットに成功した女優の松坂慶子さんが、ベトナムの民族衣装・アオザイを着て艶やかに登場。

還暦を過ぎてから母と同居をしながら介護にあたる生活を始めた松坂さん。

亡き父と96歳の母に寄せる想いを明かす。

夫でギタリストの高内春彦さんとは結婚24年を迎えた。

20歳を過ぎた2人の娘が家を出たいま、夫と過ごすプライベートな時間は?

※徹子の部屋より

コメントを残す

このページの先頭へ