羽田圭介がツイッターで注目を浴びてる身長や血液型とあんた誰!?芥川賞作家なのに知らない人が多い。

羽田圭介さんは「スクラップ・アンド・ビルド」で2015年芥川賞を受賞した。

バラエティ番組に出始めたのは最近のことで、注目を集めている。

とくに性格が個性的で、おもしろい。

いや、人によっては嫌な人もいるかもしれない。

好き嫌いがはっきりと分かれる性格をしている。

羽田圭介プロフィール

AS20150721001633_comm

※http://www.asahi.com/topics/word/%E7%BE%BD%E7%94%B…

羽田圭介さんがテレビに映ると、あれは誰だ!?

というのがツイッターでつぶやかれているので、プロフィールを紹介。

 

羽田圭介さんは東京都出身の30歳独身。

身長は180.5cm、血液型は不明。

明治大学を卒業し、小説家となった。

 

初めて投稿した「黒冷水」は、裏紙に書いていた。

締め切りギリギリに急ぎファックスで投稿していたため、文字がグニャグニャになったりしていたが、それでも賞をとったのですごい。

 

友人たちとよく書店巡りをしているが、これは自分の作品がちゃんと置かれているかどうかのチェックのためだ。

そして、あまり売れ行きが良くないなと思ったら自分の作品にサインしまくっている。

 

私生活では1日3食同じメニューを食べている。

メニューは鶏肉を茹でたものと野菜だ。

これを何週間も食べるという。

 

買い物は自転車を全速力でこぎ、スーパーについた頃には汗だくだが汗は絶対にふかない。

理由は汗は体温を下げるために流れているし、そのうち乾くからふく必要がないとのこと。

 

毎日欠かさないのが筋トレ!

筋トレをすることによって、頭がさえ、筆が進むという。

 

そしてお金が大好きだ。

平均年収は400万円だとテレビで話してはいる。

書店で自分の本がちゃんと置かれているかチェックし、サインしまくるのはすべてお金を稼ぐためだとテレビで話していた。

公の場でぶっちゃけすぎではあるが、おもしろい。

 

羽田圭介の作品

2003年

黒冷水 第40回文藝賞を受賞 最年少(17歳)で受賞しています。

2006年

不思議の国のペニス 文藝に発表。

2008年

走ル 文藝に発表し芥川賞候補となる。

2010年

ミート・ザ・ビートで第142回芥川賞候補。

2012年

ワタクシハで第33回野間文芸新人賞候補。

2013年

盗まれた顔で第16回大藪春彦賞候補

2014年

メタモルフォシスで第151回芥川賞候補

2015年

スクラップ・アンド・ビルド
で芥川賞を受賞

芥川賞作品スクラップ・アンド・ビルドのあらすじ

「早う死にたか」毎日のようにぼやく祖父の願いをかなえてあげようと、ともに暮らす孫の健斗は、ある計画を思いつく。

日々の筋トレ、転職活動。肉体も生活も再構築中の青年の心は、衰えゆく生の隣で次第に変化して…。

Amazon商品説明

読んだ人の評価はかなり高い小説です。

コメントを残す

このページの先頭へ