中田喜子は古民家のDIYをやりたいと話していたら実現した!

中田喜子さんは60歳すぎとは思えないほど、若いですね。

見た目だけなら30代後半かな。

今も若々しい中田喜子さんには意外な趣味があった!

DIYをブログで紹介

65dea245d5eb5be102e4

※http://atmatome.jp/u/rameka/45fo156/

中田喜子さんは自身のブログでDIYした部屋や家具を紹介している。

⇒中田喜子オフィシャルブログ

以前

30帖の空間の壁を

ジョリパット(壁を漆喰のようにするもの)

で、左官屋さんのように塗り替えました

本職の方が見て誉めて下さいましたが、

それ以来、右手首が、ケンショウ炎になってしまいました。

帝劇の楽屋の壁も

塗り替えました!

自分の家だけじゃなく楽屋の壁もDIYするほど大好きで、さらに1年がかりで椅子の張替え作業。

※ブログに写真が載っていました。

出来上がった椅子は普通にお店で売っているような出来栄えです。

すごい。

 

DIYの本もだしていますね。

⇒手作り模様替え工房の詳細はこちら

本のタイトルは堅いですが、作業内容を細かく写真で説明しているのでわかりやすいです。

椅子の布地の張替えが主体となっています。

古民家をDIY

「いつか古い家を一見まるごとDIYしたい」という夢を語っていたら、マンモス団地のリフォームを依頼されたという。

古い和室だった部屋をおしゃれな洋風に変えたようです。

 

実際の写真は11月6日に放送される「徹子の部屋」で公開されるので、興味があったら見てみてください。

離婚したあとに元気が出る方法も語ってくれるようです。

コメントを残す

このページの先頭へ