華原朋美の新曲「はじまりのうたが聴こえる」のMVが完成!

 

歌手の華原朋美さんが小室哲也さんと約16年ぶりに作った曲「はじまりのうたが聴こえる」のMVが完成した!

撮影は4月上旬に千葉で行ったようですが、撮影現場は寒かったようです。

 

最低気温は1度。

そのなかで、撮影されたMVでは華原朋美さんの強い想いが伝わってくるようです。

 

MVで表現さいれているのは誰しもが経験する悲しみや苦しみに一筋の光を放ち、幾多の困難を乗り越え、地に足のついた“はじまりの一歩”を踏み出す力強さを、春を迎えた新緑の草原で壮大に表現している。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150506-00010008-musicv-musi

 

デビューから20年目という大きな節目を迎え華原朋美さんが込める想いとは!?

「歌詞に込めた想いは、悲しい世界の中で“あなたがいなくても私は一人で生きていける”という意味ではなく“あなたがいなくても私はこれから頑張っていけるんだ”というメッセージです。

それをミュージックビデオの中で伝えられたんじゃないかなと思います」

 

リスナーへは

「それぞれ苦しみや悲しみ、そして明るい未来に向かって歩きたい方には是非聞いてもらいたいなと思っています。

ただ、私自身もまだそれが本当に明るい未来、明るい明日を探せているのかと言ったら、まだわからないですし、探り探りの中生きているので、その状況を今リアルタイムでこの歌の中で伝えられているじゃないかと思います。

悩みを抱えていたり、それでも前に進んでいきたい皆さんに何かを感じて頂けたら嬉しいです」

と語る。

 

完成したMVの一部はこちら

華原朋美 – はじまりのうたが聴こえる

世界観がすごいですね☆

コメントを残す

このページの先頭へ