西岡徳馬の娘・花穂梨が結婚し孫も誕生。おじいちゃんが孫に好かれるためにやることとは!?

西岡徳馬さんの家族はこの5年間でさまざまな出来事が起こったという。

5年前には次女の優妃さんが女優になり、昨年は長女の花穂梨さんが結婚し孫も誕生したという。

nishiokayuki_14

※出典

次女の西岡優妃さんはドラマ「ごくせん」に出演していたので、見たことがあるかもしれませんが知名度は低いです。

最近は5月に放送された「私の何がイケないの?」に出演し、父親の前で結婚宣言をするというドッキリを仕掛けたことで注目を集めました。

設定は還暦パーディーに彼氏が登場し、結婚宣言をするというもの。

彼氏はバツ1でフリーターの49歳。

仕事は清掃員のバイトで音楽の道を諦めていないという、ダメ男設定だ。

 

しかし、西岡徳馬さんは「優しくしてあげてくださいね」とあっさり、認める。

次女の年も年だからしょうがないのだろう。

次は11月24日に放送される「徹子の部屋」に出演します。

2世の力をふんだんに発揮しているが今後、売れるかどうかは微妙ですね。

おじいちゃんとなった西岡徳馬。

photo_nishioka

※出典

西岡徳馬さんの長女・花穂梨さんが結婚し、孫も生まれて、嬉しそうだ。

孫はまだ生まれたばかりですが、おじいちゃんとなった西岡徳馬さんはどんな方法で孫と接するのか?

ちょっと気になりますね。

孫がなつかないという祖父母は多い

かわいい孫の顔が見たい、孫に好かれたいと思っているおじんちゃん、おばあちゃんは多いが嫌われることのほうが多い。

 

【孫に好かれるためにとる行動はシンプル】

・孫が好きなものをあげる。

・孫が好きなところへ連れて行ってあげる。

・孫と一緒に遊ぶ。

・孫の前で両親の悪口をいわない。

 

たったこれだけでいい。

しかし、これが全く出来ていないにも関わらず、孫に好かれたいと都合のいいことを言っている人が多い。

孫からも息子・娘からも嫌われる行動

・孫をたたく。

泣き止まないからといって叩いていませんか?

・孫に向かって「お手」など犬のように接したり、おもちゃにしていませんか?

・孫の前で親の悪口をいっていませんか?

これが孫に嫌われる代表的な例です。

孫が大きくなったとき、無視されたり、面倒を見てくれなくなる原因になりますよ。

 

子育てハッピーアドバイス ようこそ 初孫の巻 孫が幸せに育つために

こちらの本を祖父母に読ませて、孫への接し方を教えている人もいます。

レビューを読むだけでも参考になるので、祖父母の行動に困っているようでしたら見てみるといいですよ。

 

⇒子育てハッピーアドバイス ようこそ 初孫の巻の詳細はこちら

 


コメントを残す

このページの先頭へ