金本知憲は在日韓国人3世!でも韓国語を話せるかどうかは微妙なところだ。

金本知憲さんは元プロ野球選手で今は野球の解説とかをしていますね。

まぁそれはいいんですが、金本知憲が韓国人じゃないかという話を聞いたので調べてみたところ。

 

生粋の韓国人というわけではなく、両親が韓国人で金本知憲さん自身は日本で育っています。

在日韓国人というやつですね。

しかも3世らしいです。

金本知憲さんの韓国名は「キム・ジホン」

中央日報が言っているので間違いないと思いますよ。

韓国語は話せるのか?

在日韓国人ということは、日本語と韓国語の両方を話せるのか気になりますね。

でも金本知憲さんが韓国語を話しているところは見たことがない。

11月28日の「行列のできる法律相談所」に出演するので、その時にでも話してくれればいいんですけどね。

日本語と韓国語はにている

日本語の文法や発音が韓国語と似ていることから、覚えやすいと言われていますがどのくらい似ているのか。

図書館 ⇒ トソグァン

家族 ⇒ カジョ

酸素 ⇒ サンソ

新聞 ⇒ シンムン

教科書 ⇒ キョクザン

気分 ⇒ キブン

茶 ⇒ チャ

高速道路 ⇒ コソッドロ

調味料 ⇒ チョミリョ

運動 ⇒ ウンドン

たしかに似ています。

 

しかし、発音が似ているのは漢字だけで、韓国固有の言葉は全く違います。

イヤギハダ ⇒ 話す

など。

 

韓国語が日本語の発音に似ているのは、漢字だけで、しかも日本統治時代に入った言葉です。

いまの韓国では感じをあまり使わず、ハングル文字を使うようにしているとも聞いたことがあるので、元に戻そうとしているのかなとも思いますね。

コメントを残す

このページの先頭へ