鈴木亮平は英語の勉強法と発音はどこで覚えたのだろうか?

鈴木亮平さんは朝ドラ「花子とアン」や「天皇の料理番」で活躍し、いまもっとも注目を集めていいる俳優さんの一人です。

演技へのストイックさがすごいのは有名で、「天皇の料理番」で激やせした姿を見せたと思えば、映画「俺物語」のために体重を増量したりと演じるキャラにあわせて肉体を改造しています。

 

いまでこそ筋肉むきむきで筋肉俳優として名前が通っていますが昔は筋トレが大嫌いだったと話しているのを聞いたことがあります。

相当頑張ったのでしょう。

きらいでも役のためならばなんでもやるというスタンスがすごいですね。

鈴木亮平は英語もペラペラ

無題

※http://crea.bunshun.jp/articles/-/3527?page=2

鈴木亮平さんが鍛えているのは体だけじゃありません。

頭の方もかなり鍛えていますよ!

 

卒業した大学は「東京外国語大学」。

そこで英語を専攻していたようで、偏差値も67と高いです。

しかも取得が難しい英語検定1級も保有しています。

 

アメリカへの留学経験もあります。

高校時代には全国高校生ドイツ語スピーチコンテストの対話部門で最優秀賞に輝いた実績を持っていますね。

秀才です。

 

英語力は会見でも!

映画「TOKYO TRIBE」の会見で英語でスピーチしています。

鈴木亮平&YOUNG DAIS 映画『TOKYO TRIBE』 日本外国特派員協会会見

「すごい!」としかいいようがないですね。

 

英語を覚えるなら大学に行く必要がある?

ph1

※http://matome.naver.jp/odai/2144550180222189201

鈴木亮平さんが英語を覚えようと思ったのは小学2年生の頃に初めてアメリカ・ロサンゼルスに行ったのがきっかけだったようです。

相手とうまくコミュニケーションがとれずに悔しい思いをした。

だから英語を勉強しようと思ったのだとか。

それから、英語の勉強のため海外へ何回も留学しています。

 

中学2年の時はオーストラリア。

中学3年の時はアメリカ・スポケーン。

高校1年の時は1年間の交換留学生としてアメリカ・オクラホマ州。

その後、東京外国語大学に入学。

 

勉強に加え、海外で実際に英語を話すということもしていたので、ここまで英語が流暢(りゅうちょう)に話せるんですね。

 

やはり英語を覚えるには勉強だけじゃなく、実際に英語圏の外国に行く必要があるようです。

日本から一番近い英語圏はフィリピンかな?

近くてネイティブな英語を学べる国として現在一番注目されていますね。

コメントを残す

このページの先頭へ