生稲晃子の兄弟と夫や娘は、乳がんになった生稲晃子とどう接しているのか?

生稲晃子さんは先月に乳がんで右乳房全摘出したことを公表しました。

またガンは完全に完治しておらず、再発の恐れもあるみたいです。

現在は体調が安定していて、抗癌剤治療はしないでホルモン治療をしています。

最近、乳がんの好評が多いですね。

北斗晶さんも乳がんだって言うし...

女性にとっては他人事じゃないから、定期的に検査をしたほうがいいですね。

 

生稲晃子さんが乳がんになったことで、夫や娘、兄弟との関係はどう変わったのか?

生稲晃子さんが乳がんになったのは2011年。

その時娘は5歳。

このとき乳がんになったことは、包み隠さず娘に話したそうですが娘が成長するにつれ次第に、乳がんについてふれなくなったという。

 

夫は常に「大丈夫、大丈夫」と明るく支えてくれたそうです。

弱っている時に支えてくれる人がいるのはいいですね。

 

そして生稲晃子さんの兄弟はというと、公にはなっていませんが多分遠くから支えてくれているのだと思います。

 

家族ががんになったらどうしたらいいのか?

ガンが発見されるのは突然。

本人はもちろんのこと、家族にも大きな影響が出てきます。

不安やいらいら、落ち込みなどの精神的な影響は抑えようと思っても抑えられません。

がんと向き合う、あるいは上手く付き合っていくには、まず自分との心と耐磁する必要があります。

 

その時助けとなるのがこちら

⇒がんとこころのケア

家族または自分が、がんに直面した時に精神的な助けとなってくれる本ですよ。

コメントを残す

このページの先頭へ